シェアハウスにはこれまで以上に人のぬくもりを感じられる場所なんです!

Pocket
GREE にシェア

日本には昔長屋という住宅がありました。
一つ同じ屋根の下という言葉もこの長屋から生まれたといわれ、違う人たちが部屋を区切った長い家で暮らしていたのです。
今ではその役割をアパートやマンションに譲っていますが、これらとは違う楽しみがありました。

人付き合いが濃厚で温厚になる

それは人と人との付き合いがきわめて濃厚で、大変人間らしい生活を送ることが出来ていたということです。
長屋のキッチンはみんなで共同して使うことがあたりまえ、トイレだってそういうものでした。
自ずとそこには人付き合いが生まれ、助け合いの心で生活を成り立たせていたのです。
ところが現代のアパートやマンションでは隣に住んでいる人が誰かがわからないばかりではなく、嫌がらせをする人までいる始末ですから長屋ではとても考えられなかったことです。

現代の長屋を再現している

とはいえ、現在の町並みにとても長屋を作る余裕などありません。
そこで、日本の至る所で建設され若者を中心に人気を集めているのがシェアハウスです。
アパートのような建物に暮らしているものの、共有スペースに皆が集い様々な生活模様を見せているのです。

助け合いの精神が生きている

共同生活を送るスペースがある以上、誰がどこにいるかということは一目瞭然ですしどのような生活を送っているのかということもよくわかります。
そのせいか、誰かが困っているという場面であれば皆が助け合おうという雰囲気になり助け合いの精神が生まれます。
つまり、共同生活を送る中で人と人との本来のつながりというものを感じながら生活できているのです。

誰かがいる安心感を何時でも感じられる

一人暮らしをしていると、毎日壁に向かってご飯を食べているとか咳をしているという人もいらっしゃることでしょう。
しかしシェアハウスでの生活では、部屋にいる間は一人かも知れないけれど共有スペースにまで降りていけば必ず誰かしらがそこでくつろいでいるという安心感を得られるのです。
仕事も複雑化し将来の展望もなかなか明るくならない現代において、人付き合いという暖かさにふれあえることは重要なことではないでしょうか。
毎日の生活に飽き飽きしている、アパートの部屋にももううんざりだというかたは引っ越しを考えられてみてはいかがでしょうか。

Pocket
GREE にシェア